各サービスの内容や費用を比較・検討しよう

サービスと費用の違い

部屋

それぞれの特徴と違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは一見すると違いがわかりにくく混乱してしまいます。福岡市にある介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームのそれぞれの特徴を正しく理解し、どの施設を利用するか判断していきましょう。

介護があるかないか

決定的な違いとして介護サービスの有無といった違いがあります。介護付き有料老人ホームは各地方の自治体からの指定を受けている介護サービスつきの施設で、介護スタッフが常駐している施設です。介護認定を受けている介護が必要な方は介護付き有料老人ホームを選ぶようにしましょう。逆に住宅型有料老人ホームでは介護サービスはオプション的な扱いになることがほとんどです。そのため介護が必要となった場合、外部の介護サービスを利用することになります。当然施設の利用料とは別で料金が必要になってきます。

費用はどれぐらい変わるのか

介護付き有料老人ホームは介護保険の適用される介護サービスなので費用を抑えることができるなどのメリットがあります。介護保険が適用されると個人の負担は1割で済むので、とてもありがたいのではないでしょうか。住宅型の場合個人個人に合ったサービスのプランを柔軟に選択することができるというメリットがありますが、各種サービスには別途で利用料が発生してくるので確認が必要です。

違いを確認しておこう

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは、サービスの面でも費用の面でも大きく異なってきます。それぞれに強みや特徴があるので、しっかりと比較し確認した上で決定する必要があると言えるのではないでしょうか。